婚約指輪 結婚指輪 違い

婚約指輪と結婚指輪

婚約指輪と結婚指輪は似ているようで、実は違ったものです。
両者の違いを見ていきましょう。

婚約指輪とは、主に男性が女性にプロポーズをするときにあげる指輪のことです。
よくドラマなんかでもみますが、指輪の箱をあけながら「結婚してください」なんてお願いしてますよね?
あんな感じであげる指輪で、どちらかといえば、記念品のようなものです。
男性としては自分の度量を示すイベントであり、女性にとっては愛する人との記念品といった感じでしょうか。

指輪 結婚指輪は挙式の際に二人で交換するものです。
「では、指輪の交換を」みたいな感じで指輪をつけ合いますよね。あれが結婚指輪です。
どちらかといえば、セレモニー的な意味合いが強いようです。
指輪を交換し合う様子を招待客に祝ってもらうことで、二人の結びつきを招待客にみてもらう意味合いが強いのです。

婚約指輪と結婚指輪には決まりはありません。
とはいっても、結婚指輪は招待客の前で披露する機会があるため、それなりにきちんとしたものを揃える必要があると思われます。
指輪店にお二人でいき、気に入ったものを選んだり、店員に相談したりしてみましょう。

近年では、婚約指輪と結婚指輪を分けて考えないような方々も増えてきたようです。
婚約指輪を男性が渡さずに、結婚指輪の交換だけするという人も増えてきました。
婚約指輪は相場で大体35万円と高価な物ですので、そのお金を結婚式にあてればいいと考える方が増えてきたのです。
それぞれの人にいろいろな考え方がありますので、あまり他人が口を挟むようなことではないので、その認識の違いについてはお二人で話あってください。

↑ PAGE TOP